「ほっ」と。キャンペーン

チビスケんちの預かりっ子アルバム



<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


克(よく)へ。

瑞希が逝ってしまった今年の6月1日。
その同じ日に、預りっ子の克(よく)も逝ってしまいました。

立て続けにいろいろなことが重なり、克との思い出を綴ることも、先へ先へと延ばしてきました。

克も、白血病でした。
キョウダイの育(はぐ)と一緒に保護された克。
幸いにも、治療の甲斐あって育は陰転することができました。
克も、大勢の方の優しさに包まれながら、随分と治療を頑張りましたが、
とうとう陰転は叶いませんでした。

それでも、保護してしばらくは健康そのもの。
外見からは白血病だなんて、まったくわからない克でした。

保護当初の克です。
f0123098_238713.jpg
こんなに間近でワンコを見たのは初めてかもしれません。
ちょっとドキドキです。

プロフィールを作ろうと、可愛い写真をいっぱい撮りました。
f0123098_238329.jpg

他のニャンコと遊べないのでひとりでじゃれてる克です。
f0123098_2385916.jpg
遊んで興奮してお鼻がふくらんでる克。
f0123098_2392657.jpg
克の全身はこんな感じ。
f0123098_240777.jpg
中途半端なシッポがとっても魅力的でした。

年が空け、2008年も治療は続きます。
ふっくらとして可愛い克。とっても健康そうなのに、他の子とは相変わらず遊べません。
ひとりでしか遊べない克・・・。
f0123098_14142155.jpg
ひとり遊びも上手になりました。
克の遊び相手のひとつは座布団です。
気持ち良さそうに座布団の上で寛いでます。
f0123098_2442481.jpg

そして始まるひとりプロレス!
f0123098_246185.jpg
f0123098_2462088.jpg

中綿だって引っ張り出しちゃうもんね~。
f0123098_2465468.jpg


チビスケ父のお膝の上で。
f0123098_2471562.jpg
克が触れられる相手はワンズと人だけです。
同じ猫なのに、ニャンズとは遊ぶことも触れることさえもできません。

克が一日のほとんどを過ごすケージの上がフリータイムの時の憩いの場でした。
f0123098_2474323.jpg
少し高いところで寛ぎ、下々のワンズを眺めてました。
f0123098_2481977.jpg

時には登って来れないワンズをからかって・・・。
f0123098_2485325.jpg
いつもからかわれてたのは・・・、珍(うず)で~す。

元気元気なお転婆娘はカーテンレールだって歩きます!
f0123098_2503822.jpg


そしてここが克のお家。
f0123098_251323.jpg
他のニャンズがいるときは、克はず~っとケージの中です。

とっても可愛い子でした。
とっても美しい子でした。
f0123098_2513065.jpg


5月に入って風邪をひきました。
f0123098_2515427.jpg
涙目の克と、克が大好きな珍です。

そして5月19日。
克は突然、ものすごく具合が悪くなりました・・・。
その日、長く留守をしてもどると、克は失禁してました。
ぐったりとして、まったく元気がなく、そうこうするうちにひきつけを起こしました。
明日まで待てないと、大急ぎで病院に向かいました。

預りっ子たちがお世話になっている病院へは、いつも海岸沿いの道を通って行きます。
天気のいい日に、キラキラと美しく光る波間。
サーファーが浮かぶ海。
夕景の中、夕焼けに染まる海。
折々にそれはそれは美しい景色を見せてくれます。

でも夜の海は真っ暗です。
月のない夜は、心底真っ暗です。

大急ぎで病院に向かうとき、真っ暗な海を跳ね除けるように走りました。

病院に着くと、克を一目見た先生はかなり厳しいとおっしゃいました。
克は、そう長くは生きられないだろうとおっしゃいました。
治療を施して頂き、お薬をもらい、そんなに長くは一緒にいられないかもしれない克と一緒に帰路につきました。

いろいろなことが頭の中をグルグル回ります。

そして、真っ暗な海の脇を通ったとき、突然克が
「怖い・・・」
と言いました。

そう聞こえたとき、暗い暗い海が、奈落の底のように思え、
克が吸い込まれてしまいそうな気がしました。
暗くて冷たくてなにもない世界・・・に思えました。
「大丈夫、母さんが守るから」
そう克に声をかけながら、克がこれから行く世界があまりに寂しく感じられ、
涙が止まらなくなりました。

克に寂しい思いはさせないから。
たとえ生きられなくたって克がいくのはポカポカのフカフカの世界だから。
寂しくて暗くて怖いところになんて、絶対に絶対に行かせないから。
そう声に出して言いながら、早く帰ろう、早くお家に帰ろうと思いました。

ひきつけを起こした後の克です。
f0123098_2522352.jpg
目を見開き、顔全体が緊張しています。

具合が悪くなると、毛繕いがおろそかになりがちです。
そんな時、他の子が毛繕いしてくれます。
f0123098_2524566.jpg


動くのも億劫になった克。
f0123098_2531932.jpg
ワンズの毛布で休みます。

克の体調は良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。
体調がいいときはヘソ天してゴロゴロ気持ち良さそうに喉をならします。
f0123098_2543044.jpg


後ろ足が思うように動かなくなり、よく転びました。
座ることも難しくなりましたが、調子のいいときは自力で座れました。
f0123098_254562.jpg


それほどワンズと仲が良かったわけではない克ですが、体調を崩してからは自分からワンズに寄り添うことが多くなりました。
楽が毛繕いしてあげてます。
f0123098_371710.jpg
お世話好きの楽の顔をめがけて猫パンチしながら遊んでました。

笑と添い寝してます。
f0123098_256133.jpg

笑と伴のそばで寝ています。
f0123098_2563546.jpg

久と一緒です。
f0123098_2565744.jpg

伴と並んでます。
f0123098_257306.jpg


亡くなる前日でも、こんなポーズの毛繕いができました。
f0123098_2575740.jpg


そして珍を枕に眠っていたこの日、
f0123098_2582433.jpg
克は虹の橋へと旅立っていきました。

その少し前、とても体調がいいからと通院の間隔を空けてみようと言ってもらえた矢先でした。
二階からもどると、ケージの中で体を突っ張っらせてている克がいました。
慌ててケージから出し、先生に電話しました。
どうすることもできないこと、無理に抱きしめたりしてはいけないこと、受話器を持ちながら、ただただ克のひきつけが納まるのを待ちました。

もうダメだと察しました。
受話器を置き、痙攣が続く克の体を支えました。
痙攣の様子が変わり、克が逝くのがわかりました。

逝ってしまうのが寂しくて、克、克・・・と名前を呼びながら泣きました。
でも、克が逝ってしまったとき、ホッとした自分がいました。

今まで、いくつかの別れがありました。
何度経験しても慣れることができず、別れの寂しさ、悲しさに押しつぶされそうになります。

でも克が逝ったとき、良かったね・・・と克に話しかけている自分がいました。
克との別れの寂しさよりも、あまりにも苦しむ克が楽になれたことを嬉しく思いました。

克の死は、真っ暗な海の底に引きずりこまれるものではなく、痛みや苦しみがなく、フワフワと穏やかに浮かんでいるかのごとく感じられました。

克は、少し痩せてはきましたが柔らかい筋肉とフカフカの毛並みのままでした。
その体から命が消えてしまうなんて、とても納得できませんでした。
まだまだ使えるでしょ・・・。
そう思うと、もったいない・・・と感じてしまいました。

もっとゆっくりしていけばいいのに。
こんなに立派で美しい体なのに、もう使わないなんてもったいない。
そんなトンチンカンなこと、何度も何度も頭の中でつぶやいていました。

あんなに元気だったのに・・・。
あんなに健康そうだったのに・・・。
病気って、本当に怖いね・・・。

逝ってしまった克を見ながら、グルグルグルグル取りとめのない考えが浮かんでは消え、浮かんでは消えしてました。

克にお花が届きました。
f0123098_259191.jpg
f0123098_2592532.jpg

f0123098_2595321.jpg
f0123098_312372.jpg

たくさんの人に愛されていた克でした。
ありがとうございます。

最後は、元気だった頃の克のお写真です。
f0123098_315440.jpg

白血病に冒されていなければ、今も生きていたはずの克。

あまりにも短い一生。
ニャンズと遊ぶことも叶わなかった預りっ子時代。
預かりに甘え、ワンズと憩った時間は、克にとって幸せだっただろうか・・・。
大急ぎで逝ってしまう子に、十分に幸せを感じてもらえただろうか・・・。

死を迎えた克を見て、良かったね。これでもう苦しくないね。
そう思いました。

きっときっと、虹の橋のたもとで、ここではできなかったこと、してるよね。
たくさんのニャンズたちと、遊んでるよね。
苦しくも痛くもないよね。
きっときっとそうであってね・・・。

今度生まれてくるときは、健康な子として生まれてきてね。
生まれたときから最後の日まで、ずっとずっと幸せの中にいてね。

克のキョウダイの育は、とっても元気です。
育には、克の分まで、う~んとう~んと幸せに生きてもらわなくちゃね。

克、また会える日を楽しみにしています。
チビスケんちに来てくれて、ありがとう・・・。
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-30 02:25 | 育(はぐ)・克(よく)

瑞希と祥(さち)のこと・・・。

瑞希と祥(さち)は子犬の姫々(きき)と一緒に保護され、2005年の10月にチビスケんちにやってきました。
猫風邪にかかりグショグショのお顔でしたが、姉妹とも日に日に元気になり、少し前に保護された子猫の寧(ねい)と一緒に競うように食べ、遊び、眠り、スクスクと育っていきました。

瑞希と祥はあっと言う間にまん丸の幸せをつかみました。
とても健康そうに見えた姉妹には、今なら当たり前にする白血病とエイズの検査をしていませんでした。

当時お世話になっていた獣医さんからは、子猫のうちの検査結果は変わることもあるから、今しても正確ではないと教えていただきました。
瑞希と祥の検査をするとしても生後6ヶ月頃にと先送りにしました。
元気一杯の愛らしいふたりが白血病だなんて、想像もしませんでたし、そんな病気は回りが騒ぐほどたくさんあるものではないとまったく根拠のない予想をしていました。

でも、瑞希と祥は白血病でした。
もしも保護してすぐに検査をしていたら、白血病とわかっていたら、育(はぐ)が陰転したように、
育よりも幼い頃に保護された姉妹が陰転していた可能性はとても高かったと思います。

チビスケ母は、瑞希と祥が陰転する可能性に満ちていたことに気付きませんでした・・・。

祥のご家族は、生後半年の時点で血液検査のコピーを送ってくれました。
血液検査のどの項目かもよくわからず、問題なしと言われたことに安堵したチビスケ母です。
今、そのコピーを見れば、それは通常の血液検査だったとすぐにわかります。
検査の結果、祥はとても健康体でした。
でもそれは、エイズや白血病の検査ではありませんでした・・・。
通常の血液検査ではエイズや白血病の感染はわかりません。
あまりにもあまりにも無知でした。

先に祥が発症し検査したとき、初めて白血病とわかりました。
もしかしたらと、瑞希にも検査をしてもらいました。
残念なことに瑞希も白血病だとわかりました。

どちらのご家族も、姉妹が白血病だったことで元預りを責めることはまったくありませんでした。
申し訳ないとあやまるチビスケ母に、病気と知っていたら譲り受けることを躊躇したかもしれない。
そうしたら、この子と過ごせた幸せな時間は、手に入らなかった。
出会えたこと、まったく後悔していませんとおっしゃってくださいました。
ご家族から、ありがとうございます・・・と言われたとき、祥にも瑞希にも、こんなにも優しいご家族ともっともっと長い時間過ごして欲しかったと、ただただ姉妹にごめんね、ごめんね、と言うしかできませんでした。

今は、保護した子には当たり前に血液検査をしています。
瑞希と祥への後悔してもしきれない過ちを、二度と繰り返さないためにという言葉で補うのはあまりにもは軽すぎますが、せめてせめて、検査は必ずしなくてはと思います。

このことを少しでも早く伝えることで、陰転の可能性がつかめる子もいたかもしれません。
でも、このことを含め、お別れを綴ることに、どうしても今日まで時間がかかってしまいました。

祥と瑞希の死に対して、申し訳ないという気持ちで一杯だったチビスケ母は、ご家族の優しさに救われました。
愛されて愛されて、まん丸の幸せの中にいた姉妹は、共に暮らす時間こそ少なかったけど、その時間の中でずっとずっと幸せでした。

お別れは辛いけど、短すぎる一生だったけど、姉妹が幸せに幸せに過ごしたことが確信できる元預りは幸せです。

愛くるしい姉妹の預りっ子時代の思い出、瑞希の本当ならまん丸の幸せ三周年だった今日、残したいと思います・・・。

保護されたばかりの頃。猫風邪でグショグショなお顔の瑞希(左)と祥(右)。
f0123098_1146868.jpg


水の入った袋を電子レンジで暖め、暖をとりました。
袋の間にきれいに並んだ子猫たち。
左から瑞希、祥、寧です。
f0123098_1146201.jpg


一つの器でご飯。
競って食べてくれたので、体の弱かった寧にとっても安心、安心な頃でした。
f0123098_11463252.jpg


子犬の姫々と一緒にご飯です。
ちゃんと子猫用、子犬用があって器も4つあるのに、よそのご飯が美味しそうにみえちゃうんですね。
f0123098_11464776.jpg


笑(わら)をベッドにして眠る瑞希。
温もりを共有する幸せな時間・・・。
f0123098_1147193.jpg


しばらくの間、寝るときはケージの中でした。
仲良く眠る子猫たち。
子猫って、本当によく寝ます。
f0123098_11471483.jpg


子供同士といっても自分たちよりずっと大きな姫々。
でも、一緒になってよく遊びました。
そしてそのまま陽だまりの中で眠りました。
f0123098_1148530.jpg


ポヤポヤのお顔はオネムの証拠・・・。
f0123098_11481837.jpg


遊んでは眠り、眠っては遊ぶ、穏やかな毎日です。
f0123098_11484260.jpg


連れションならぬ、連れウ○チ。
そんなのってあるんだ~と笑っちゃった可愛い可愛いおトイレタイム。
f0123098_11485978.jpg


段々に遊び方もお転婆になってきました。
カーテンも網戸も登るし、机の上のものなぎ倒しながら走り抜けていきます。
f0123098_1149153.jpg


姫々とだって、互角にプロレスしたりして・・・。
f0123098_11493330.jpg


左が瑞希で右が祥。
仲良し姉妹はそれはそれは賑やかに遊びます。
f0123098_11501074.jpg


こちらも仲良しプロレスシーン。
飽きもせず、楽しく楽しく遊ぶ毎日です。
f0123098_11502793.jpg


すでにボロボロだった障子ですが、障子のあっちとこっちで遊ばなくても・・・。
祥と瑞希にとっては、格好の遊び場ですね。
f0123098_11504944.jpg


たくさん遊んで、たくさん寝ます。
寄り添うと安心なんですね。
気付くといつも猫団子。
左から祥、寧、瑞希です。
f0123098_1151689.jpg


カーディガンをポンと置いたら、すぐにベッドにされました。
この後、肌寒くなったのですが、あまりの可愛さにとうとうカーディガンを羽織ることができませんでした。(笑)
f0123098_11512347.jpg


手前から瑞希、寿々、祥、笑です。
無垢な心の寄り添う姿は、いつもいつもチビスケ母の心を穏やかにしてくれました。
f0123098_11513996.jpg


無防備に眠る子供たち。
この子達が無防備でいられるよう、しっかりと守りたい。
そんな風に思いました。
f0123098_11521998.jpg


あらら・・・、瑞希のお茶目な寝姿、可愛すぎます。
f0123098_11523736.jpg


楽は小さい子の面倒を良く見てくれます。
祥や瑞希の毛繕いが大好きでした。
自分たちよりどんなに大きくても、優しいとか好きとか、ちゃんとわかります。
f0123098_11525551.jpg


眠くて眠くて仕方ない祥と遊びたくて遊びたくて仕方ない瑞希。
眠ってる祥相手にひとりでプロレスしてましたが、結局、瑞希もつられて寝てました・・・。
f0123098_11531188.jpg


最初の一枚と同じ場所。
チビスケ父の腕の上です。
すっかり猫風邪も抜け、本来の美しい姉妹の姿です。
f0123098_11532960.jpg


最後の一枚。
震えるほど愛しい姉妹がまどろむ姿・・・。
f0123098_1153575.jpg


短すぎたふたりの一生が残念でなりません。
本当のお家に到着してから最後の時まで、ずっとずっと幸せにつつまれていたことが、救いです。

今度生まれてくるときは、最初から最後までず~っと幸せな子でありますように。
健康な体で生きられますように。
きっと、きっと、そうであって欲しいです。

瑞希と祥のご家族さま。
ふたりを愛し、幸せな時間を過ごしてくださり、本当に本当にありがとうございます。
愛しい愛しい姉妹は、ずっとずっと幸せでした・・・。


瑞希、祥。

チビスケ母のごめんねは、もう聞き飽きたよね。
だからもう、ごめんねは言わないね。
ふたりに会えて幸せだった。

たくさんの幸せをありがとう。
いつかまた会える日を、楽しみにしています。
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-29 23:52 | 瑞希【旧・瑞(みず)】

泰(たい)、大人チームとお散歩デビュー♪

10月2日、泰(たい)は大人チームと一緒のお散歩デビューをしました~。
まずはいつも行くドッグラン!
カッ飛び~の珍(うず)の後を走る、泰で~す。
f0123098_22261835.jpg


ミニミニではない大きなドッグランデビューの泰。
f0123098_22292076.jpg
こんなにたくさん真っ直ぐ走れるのって、初めてだよね~♪

こちらは珍とのツーショット!
f0123098_22295225.jpg


あれ?リードつけてどこいくの?
f0123098_22301417.jpg
ちょこっと不安げな泰。
初々しくて、可愛い~♪

フ~ッ、緊張しちゃうなぁ~。
f0123098_22303365.jpg
お首プルプルして緊張をほぐしてます。(笑)

泰が始めて見た海は、東京湾です。
f0123098_22305886.jpg
僕、イケテル?
はい、イケテマス!

早くおいで~。
珍が泰を誘ってます。
f0123098_22312693.jpg
ドッグランの次なる目的地、八景島に到着~。

ランから島までは、けっこう距離があります。
初めての大人チームとの長距離散歩。
泰、頑張りました。
で・・・
f0123098_22321361.jpg
僕、頑張ったよ~。と思いっきりチビスケ父に甘えてます。
抱っこしてケロ~。ですって。(笑)

日記にも載せたミラクル写真!
f0123098_22323879.jpg
日頃、集合写真はテンデンバラバラがお決まりのチビスケんち。
オオ~ッな、ミラクルカメラ目線&笑顔~のお写真です。
泰は、緊張してますね~。
そゆゆうところが、またまた可愛い~♪

丁度、ハロウィンの頃でした。
おっきなカボチャの前でも記念写真~♪
f0123098_22354353.jpg
さっきの写真がミラクルなのがよ~くわかります・・・。(笑)

お水休憩でもチビスケ父にベッタリ。
f0123098_2236518.jpg
こんなに長い時間、お外いるのは初めてだもんね。
心細いとき、泰はしっかり人を頼ってくれます。
男の子って甘えん坊ですよね。
そこがまたまた可愛い~♪

ジェットコースターの近くの広場。
f0123098_22363590.jpg
こんなに広い場所も始めてかな?
ドキドキだね。泰。
シッポが妙な形になってるよ。
半分楽しくて、半分怖いって感じかな?(笑)

大人チームは颯爽と歩きます!
f0123098_2237480.jpg
カッコいい~♪

僕もカッコよくなる!
f0123098_22373237.jpg
泰、今だって十分カッコいいよ!

ウヒョヒョ。
母さん、ホント?
f0123098_22375648.jpg
はい、ホントです!

初めての長距離散歩はドキドキだったけど、
今では堂々と遠くまでお散歩できるもっともっとカッコいい泰になりました~♪
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-28 22:15 | 泰・淑・殊・香

珍(うず)のお散歩事情!

今日は9月17日の思い出です。
この日は、大人チームでちょっと遠くの公園にお散歩に行きました。

珍、秋の公園を歩きます。
f0123098_2045930.jpg


この公園にははお馬さんがいます。
f0123098_20513322.jpg
こんなオブジェがありました。
楽、銅像のお馬さんに吠えてました・・・。
そういえば、別の公園に突然現れたたくさんのカラフル牛さんのオブジェにも吠えてましたっけ。
実は楽、慎重派の怖がりで~す!(笑)

こちらは馬場です。
f0123098_20521425.jpg
お馬さんがいるときは近づかないことにしています。
お馬さんを怖がらせちゃったらかわいそうですものね。
今日はいなかったので、お馬さんの匂いを確認しにいきました。

広場でご機嫌の珍。
f0123098_2046970.jpg


珍はお散歩しながら、よく人の顔を見てくれます。
f0123098_20462677.jpg
こんな眼差しで見つめられたら、ヘロヘロで~す♪
う~ん、珍、ホントにホントに可愛いな~。

記念の集合写真!
f0123098_204649100.jpg
グフフ、毎度ながら全員揃ってカメラ目線はしてくれません。

そして意気揚々とお散歩です。
f0123098_2047996.jpg


あれ?なんで珍吊られてるの~?
f0123098_20473463.jpg
このお写真、日記にも載せましたが、この頃の珍は通り過ぎる他のワンコさんすべてに
ガウガウしてました。
なので・・・、吊られちゃってます。(トホホ)

ワンコさんが通り過ぎれば、
f0123098_20475913.jpg
この通り。
普通にお散歩できるんです。

お散歩大好きな珍ですから、他の子にガウガウしないよう、
ちゃ~んと教えてあげなくてはいけません。
そう思いながら、なかなか珍だけに時間を取らないままでした。
でも、それって珍にはちっともいいことではありませんよね。

今頃ですか~?という感じですが、最近やっと、お散歩の練習始めました。
珍、とっても賢い子です。
この頃とはまったく違う、紳士な珍が顔を見せ始めてます。
この調子なら、いつだって楽しい楽しいお散歩できそうで~す。

珍、頑張ってま~す!
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-27 20:40 | 珍(うず)

嫋(たお)、お里帰り~♪

さて今回は、9月前半の頃の思い出、嫋(たお)がお里帰りした時のお話で~す。

どの子もそうですが、チビスケんちに来るとたくさんのワンコに一斉に囲まれます。
お里帰り初日の嫋も・・・
f0123098_19421639.jpg
キャ~ッ、なんなの~っ!

そして翌朝も・・・
f0123098_19423459.jpg
みんな、しつこいわよ~っ!

でも~。
f0123098_19425289.jpg
クンクンクンクン。あら、あなた私より年下ね。
嫋、早速、泰の匂いチェックで~す。

ワンコの世界は年功序列。
ということは、
f0123098_19431593.jpg
こうゆうこと~♪(笑)
戸惑ったのも最初だけ。
嫋、泰と殊と香は遊び相手ってすぐにわかりました。

そうなれば、どこでだってゆっくり眠れます。
f0123098_19435934.jpg

引きで見るとこ~んな感じ。
f0123098_19473577.jpg
チビスケんちのワンズとは一緒に暮らしてましたしね。
珍もお外ではガウガウしちゃうけど、お家の中では紳士ですから~。

そんな嫋、お庭でだって大ハッスル!
f0123098_1949438.jpg
f0123098_19495732.jpg

もう、いい加減にすれば~。
f0123098_19501881.jpg
呆れ顔の久で~す。(笑)

嫋、前足スッポリ隠してすっかり寛いでま~すね。
f0123098_19503743.jpg


十分英気を養い、そして・・・
f0123098_19505946.jpg
ああ~っ、泰に逆さに乗っかってますよ~。(笑)

殊ともカッ飛びで遊びました~♪
f0123098_19515271.jpg

そしてお次は、ブレちゃっいましたがみんなと追いかけっこで~す。
f0123098_19521426.jpg


お部屋の中では香とカッ飛び~♪
f0123098_19523724.jpg
f0123098_19525318.jpg
f0123098_19531149.jpg
f0123098_19533066.jpg
楽しそう~♪

でも、唯一ず~っとのんびりだったのはお食事タイム!
f0123098_1954274.jpg
嫋姉さん、まだ食べてるの?
もう、残す?
残すなら僕食べてあげるよ。
泰、気になって仕方ありません。

毎日、毎日、マイペース。
f0123098_19544959.jpg
預かりっ子たち、気になって気になって気になって仕方な~いな日々でした。(笑)
一人っ子って、誰にもご飯取られないですものね。
嫋はゆっくり、ゆっくりご飯食べてました。

この頃のチビッコたちは、少しでも早く食べて他の子のご飯の器に平気でお顔突っ込んでました。
でも嫋の方がお姉さんだから、むやみに横取りできません。
そうやって、ワンコのルール、年上の子から教えてもらいます。

嫋もチビスケんちで年上のワンコたちからたくさんいろんなこと教わりました。
そして今、年下の子に教えてます。
そうゆうの、誰がお願いするわけでもなく、自然に自然に受け継がれていくんですね~。

う~ん、ワンコの世界、深いなぁ~。

嫋のお里帰りは一週間ほど。
この頃は、大きなカメラだったので、チビスケ母一人で行く普段のお散歩シーンが撮れなくて残念無念です。

最後の一枚は、お庭で撮ったもの。
f0123098_19552021.jpg
ピシッとカメラ目線の美人さんです!
お里帰りもけっこう楽しかったわ~と思ってくれたかな?

澄もそうだったけど、パパとママがお迎えに来たとき、嫋、ものすご~く嬉しそうでした。
シッポフリフリで、お出迎え~!
嫋も嬉しそうだったけど、実は・・・、
パパとママの方がチビスケ母には嬉しそうに見えました。(笑)
嫋との再会、あんなに喜んでくれるご家族の元で暮らす嫋、
やっぱりまん丸のまん丸の幸せで~す!

嫋、お里帰りしてくれて、ありがとう~。
みんな、すっごく楽しかったって言ってたよ。
近いうちに、また一緒に遊ぼうね~!
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-26 19:29 | 嫋(たお)・ひな【旧・撓(しな

 夏休みの思い出~♪

今回は、8月13日の思い出です!(遅すぎで~す)
この頃、澄はチビスケんちにお里帰りしてました。
日記にも載せましたが、澄のすっごく可愛いお写真をまずは1枚!
f0123098_17233239.jpg


お散歩大好きな澄ですが、向かった先は、またまた澄が大好きな海~♪
f0123098_17235010.jpg


今日のメンバーは、澄&笑&寿々。
f0123098_17243043.jpg
あれれ?今日は随分少ないですね~。
はい、それには理由があります!

その理由とは・・・?
f0123098_17244952.jpg
おおっ、赤い橋を嬉しそうに渡ってくるのは、元預りっ子の天と花ではありませんか~。

天と花と合流し、連れ立って歩いていくと、今度は、
f0123098_17253989.jpg
歓が来た~♪
一緒に、やまと君もいたのに、写真、一枚もなしです。(汗)
やまと君、ごめんね~。

さらに進むとワンコに引かれて走る大人約一名!(笑)
f0123098_1726898.jpg
はい、嫋&嫋父さんで~す。

澄と嫋。
f0123098_1727813.jpg
久しぶり、元気だった?のご挨拶。

せっかく集まったところで、サヨナラご家族が一組。
実は今年の夏、緊急で預かり先が必要になった親子ワンコがいました。
日和ママと、霙君と小雨ちゃんです。(詳しくは天ちのブログで~)
どうしても預かり先が足りなくて、元預りっ子のご家族に
どなたか親子をしばらくの間預かってもらえませんか~とお願いしました。
そこで手を上げてくれたご家族ーが、集合しました~のすぐ後に帰りま~すとなった
天ファミリーでした。
なにしろ母ワンコと生まれたばかりの乳飲み子のお世話中ですから・・・。
お世話をお願いしたチビスケファミリーはこの後のお楽しみにしっかり参加した不届き者です。(汗)

申し訳ないな~と、せめて海をバックに記念写真でもいかが~と誤魔化してみたりして・・・。
で、海辺に立ってもらったけど・・・
f0123098_17273652.jpg
ねっ、天ったら、ちっともカメラ目線してくれません。(笑)

気を取り直してもう一度!
f0123098_1728119.jpg
う~ん、頑張ったベストショットがこれです。(笑)

ではでは、せっかくなので花とのキョウダイ記念写真も~♪
f0123098_17284736.jpg
ガハハ、やっぱり好き勝手してますね~。

とりあえず、アップで一枚!
f0123098_17291170.jpg
左が天で右が花で~す。

天ファミリーには、この夏、ホントにホントにお世話になりました。
ありがとうございました。
一時預かり期限は夏休み終了まででした。
その間に、次の移動先を確保することができました。
でも、小雨ちゃんは次の移動を待たずに、霙君も移動して間もなく、
まん丸の幸せをつかみました!
母ワンコの日和ちゃん、天のお家では触ることもままならなかったのに、
それでも優しく優しく接してもらっていたおかげで、今では預かりさんに甘えるまでになりました!

預りっ子たちって、こんな風にたくさんの人の愛情と優しさに守られてるんだな~って
つくづく思います。
まさに、命のバトンタッチなんですね。

そしてそして、他のメンバーが向かった先は、海の家で~す。
f0123098_1730532.jpg
薄暗くなったので、お写真バッチリぶれてます。(苦笑)
今日のお散歩メンバーが少なめだったのは、このためでした。
さすがに、チビスケんちのワンコ全部連れてきたら他のお客さんもビックリですものね。

で・・・、すでにご存知の方も多いかと思いますが、親○カ炸裂写真、載せたいと思いま~す。
f0123098_17303529.jpg
ねっ・・・。(笑)
誰だかなんて、言わなくてもわかりますね~。
嫋ママさんも笑ってました~♪
でも、センスいいっ!チビスケんちも作っちゃおうかしら?
う~ん、Tシャツでは入りきらない? ツナギにするしかないしら・・・。

最後の一枚。
f0123098_1731129.jpg
とわで~す。
ところでなんで、とわだけアップなの?
デヘヘ、この日、遅れるかもしれませんと連絡があったとわファミリーに、チビスケ母は
「迷ったら、携帯に電話ください。
昔は携帯を携帯しない女と言われていた私ですが、
最近、携帯を携帯してても出ない女と言われてます。」
と冗談を言いました。
ところが・・・、携帯、持ってたのに・・・、とわんちから何度も電話もらったのに・・・、
言ったとおり、まったく気付かなかったチビスケ母。(汗)

とわ~、たくさん歩かせちゃってごめんね~。(おっと、パパ&ママさんにもごめんなさいでした。)
なにしろ、夜の海岸は真っ暗。
探すと言っても、それはそれは難しいに決まってます!

そのお詫びといってはなんですが、最後はとわの可愛いお写真にしたというわけです。
(お詫びになってませんが・・・)

ということで、チビスケんちの夏の思い出、唯一の室外イベントは海の家でご飯食べたことでした。
集ってくれたのは、やまと君・とわファミリー、
そしてはワンコ単独参加で、ちぽマーさんの人間単独参加でした~。

お外でのイベントはひとつだけでしたが、お客様やお里帰りや楽しいことたくさんありました。
来年の夏も、楽しいことたくさんありますように~♪
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-25 16:12 | 合同幸せ報告

応援物資、お礼!

たくさんの優しさが届きました。
大変遅くなりましたが、ご紹介させていただきます。

泰(たい)、殊(こと)、香(かざ)と一緒にセンターからチビスケんちにやってきた
淑(しと)改め心愛(ここあ)ファミリーから頂きました。
f0123098_13302974.jpg
「ワンコと暮らすと、ティッシュとかトイレットペーパーたくさんいるって気付きました!」
とママはおっしゃいました。
まさに実用性バッチリの贈り物です。
それと、フリマで使ってくださいと、素敵な食器とフライパンもご寄付してくださいました。
ありがとうございま~す。

泰たちより一足先にまん丸の幸せをつかんだ心愛。
秋には、ご家族と一緒に始めて旅行にも行ったみたいですよ~。

優しいお気持ち、ありがとうございます。
すでに使っちゃいましたが・・・、無駄なく大切に使わせていただきました~。

心愛のまん丸の幸せ写真も届いてます。
そのご報告は、また後日のお楽しみ~♪
しかし、なにもかも後手後手過ぎるこのアルバム。
それって、いつですか???って聞きたくなっちゃいますよね。
気合を入れて、頑張ります!

そして、嫋ファミリーからトイレシーツ、フード、オヤツ、頂きました~♪
f0123098_13303646.jpg
実は、この秋、嫋もちょこっとお里帰りしてました~。
もちろん、そのときのご報告も、きっときっと近々ご紹介します!(汗)

お世話になりま~すってたくさんのプレゼントいただきました。
もう・・・全部ないですが、大切に使わせていただきました。
嫋がゆっくりゆっくり食べてたご飯、ガガガガガ~ッとすごい勢いで預りっ子たち平らげました。(笑)
オヤツも大喜びでした。
いつも、ありがとうございま~す!(嬉)

市川市のU・Hさま&U・Wさまより、
サークル、トイレシーツ、ウェットティッシュ、オヤツ、キャリーバックのご寄付いただきました。
f0123098_13304433.jpg
どうも、ありがとうございますとご報告する前に・・・、
f0123098_13305173.jpg
またまたトイレシーツ、オヤツ、オモチャ、頂きました。
ご報告、大変遅くなってしました。すみません。
どれもこれも、ワンニャンのことを考え一生懸命選んでくださった品です。
本当にありがとうございます。
おなかに入るもの&シーツはすでにありませんが、
サークルもキャリーバッグも大切に使わせていただきます。
優しいお気持ち、本当にありがとうございます!

匿名希望さまより、キャットフードいただきました。
f0123098_13305875.jpg
こちらの匿名さまは、何度も何度もご寄付くださっている方です。
この他に、ワンコフードもいただいたのですが、写真を撮る前に・・・食べてしまいました。(汗)
いつも、ホントにありがとうございま~す。
当然ながら、ご報告が遅いのですでに写真のキャットフードもありません・・・。
ワンニャン共に、ウハウハで頂きました。
美味しかったワン。ありがとニャン。と申してました。
ご馳走さまでした~。

そして、いつもお世話になってばかりの歓ちから、オヤツ頂きました~♪
f0123098_1331615.jpg
ありがとうございます。
あっ・・・・・・・と言う間もなくおなかの中へ。
美味しくいただきました~♪
もうすぐ湘南地区の里親会。
歓ファミリーは、湘南スタッフとしていつも頑張ってくださってます。
ホントにありがとうございます。
頼りにしてます!・・・ということで、今回も、どうぞよろしくお願いしま~す!(笑)

最後は、相模原市のK・Hさまからのご寄付です。
トイレシーツ、オムツ、栄養補助食品、シニア用フード、オヤツなど
たくさんの優しいお気持ち届きました。
f0123098_13311950.jpg
Kさまは、14歳と10ヶ月の一生を終えたももちゃんというワンコさんと
今年の7月まで暮らしていました。
老犬になったももちゃんのために、高齢のワンコさん用のフードやオムツなどたくさん買ったのに、
それを全部使うことなくももちゃんは逝ってしまいました。

Kさまは、ももちゃんとの思い出を、「おっとりももちゃん」というブログに綴られています。

優しさと愛情に溢れたブログから、ももちゃんが幸せワンコだったことが容易に想像できます。
そして老犬介護の様子なども載せられていますので、
よろしければぜひご覧いただければと思います。
ご自身の大切な家族がいずれ迎える老後や、
今、介護に携わっていらっしゃるご家族さまにとっても、きっと参考になると思います。

オムツや栄養剤など、必要としているワンコの元へ、しっかりと届けさせていただきます。
Kさまの優しいお気持ち、無駄にすることなく、大切に使わせていただきます。

Kさまは、いつの日かまた家族を迎えたいと思える日が来たら、
今度も家族のいないワンコを迎えたいとおっしゃっていました。
Kさまのお気持ちが癒され、そう遠くない日にKさまのお宅に新しい家族が迎え入れられ、
ももちゃんのような幸せワンコさんが誕生すること、心から願ってます。

ももちゃんとの思い出の品、お送りくださって、ありがとうございました。


預りっ子たち、たくさんの優しさに包まれて、のん気に元気に過ごしてます。
皆様へのお礼は、いつもの通り預りっ子たちのまん丸の幸せでお返ししたいと思います。
その日が来るまで、た~っぷりの愛情を込めて、預りっ子たちを守りま~す。

どの子も、幸せワンニャンとして生きられますように・・・。
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-24 13:31 | 応援物資

澄(すみ)、お里帰りパートⅡ~♪

さてさて澄(すみ)のお里帰りの続きです。
と言うのもお恥ずかしいくらい、一ヶ月以上も間が空いてしまいました。
毎回、同じいい訳ですが、アルバムなのでたとえ今頃過ぎ~?でも記念に残したいと思います。

お家ではお姫様扱いの澄。
ママはチビスケんちに澄を預けるとき、「うちの白雪姫をどうぞよろしくお願いします」と言いました。
まさに! 澄は白雪姫そのものの美しいワンコで~す。

ホントにホントに白雪姫なのに、ワンニャンてんこ盛りのチビスケんちでは
ぞんざいな扱いを受ける澄。
せめて、お散歩だけは大人チームとの落ち着いたお散歩をということで海までお散歩で~す。
f0123098_127191.jpg

澄と楽(らく)ツーショット。
f0123098_1271122.jpg
すっかり背丈を追い越された楽。

見た目は大人でも・・・心は
f0123098_1271912.jpg
あれっ、突然のダッシュ?
視線の先にはハトさん。
思わず遊んじゃったお子チャマ澄でした~。

ワンコてんこ盛りで凹み気味だった澄を心配したのも最初だけ!
澄の一番のお気に入りは一番ちっちゃい殊(こと)でした。
f0123098_1272879.jpg
f0123098_1273531.jpg
ちっこい殊相手に楽しそう~♪

そして段々本領発揮となった澄は、男の子・泰(たい)のこともコテンパンにしちゃいます!
f0123098_1274246.jpg
f0123098_12511859.jpg


香(かざ)とも遊んで・・・
f0123098_12102180.jpg


十把一絡げで思いっきり遊んで・・・
f0123098_12103598.jpg


オモチャで遊んで・・・
f0123098_1211439.jpg


けっこう楽しいかも~♪な澄!
f0123098_12111728.jpg


お姉さんらしく、泰の毛繕いもしてました
f0123098_12113158.jpg


そんなこんなの毎日を過ごしていたら、あっと言う間に二週間たちました。
お里帰りも、そんなに悪いものじゃないかもね~と、最後の一枚は澄のまん丸の笑顔で~す。
f0123098_1212395.jpg


元気そうに見えたけど、ご家族と離れている時間は、澄にとっては寂しかったのかも・・・。
楽しそうだった澄も、お家にもどったとたんおなかを壊したと聞きました。
きっとどこかで緊張していたんでしょうね。
ご家族の顔を見てホッとしたら、心も体も緩んだのかな。
幸い、おなかの調子はすぐ戻り、相変わらず澄はチビスケんちの面々に会うと
今も嬉しそうにしてくれます。(笑)

澄、もちろんず~っとはやだろうけど、たま~にならお里帰りも悪くないよね~。
預りっ子たち、澄のおかげですっごく楽しかったって言ってたよ。
そうゆうことだから、またいつでも、お里帰りしてね~。(笑)

ということで、8月の思い出、11月にご報告でした~。
しか~し、まだまだ、夏の思い出続きます・・・。(苦笑)
[PR]
by chibisukehaha | 2008-11-24 12:07 | 澄(すみ)・清(さや)


預かりっ子たちの写真中心に掲載予定です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧